固定資産税・都市計画税 のご説明です。

 固定資産税・都市計画税

 固定資産税・都市計画税ってどんな税金?

固定資産税とは、毎年1月1日現在の土地、家屋の所有者に対して毎年、課税される市町村民税です。
都市計画税も課税される場合には、都市計画税とあわせて納税することになっています。

都市計画税は、都市計画事業や土地区画整理事業の費用に充てるために設けられた目的税で、市街化区域内の土地、家屋にかかる市町村民税です。

 固定資産税・都市計画税の税率は?

固定資産税の標準税率は1.4%、都市計画税の標準税率は0.3%です。

固定資産税の税率は、地方税法によって、各市町村が条例で、標準税率と異なる税率を定めることができるため、全国一律ではありません。

神戸市の固定資産税の税率は1.4%です。

 固定資産税・都市計画税の計算式は?

・ 固定資産税の計算式
「 固定資産税課税標準額×1.4% 」です。
・ 都市計画税の計算式
「 固定資産税課税標準額×0.3% 」です。

参考までに、「 固定資産税課税標準額 」については、東灘区役所にて取得できる、「 固定資産評価証明書 」に記載がありますので、ご確認ください。

※ 不動産の価格(評価額)とは違いますので、ご注意ください。


詳細は、神戸市のホームページをご覧下さい。